塾で学ぶ英語とはどんなものか

「英語」の学習というと実は主に2種類あって、1つ目は、「会話のためのもの」、2つ目は「受験のためのもの」になります。
前者は、主に英会話のスクールが担当し、「塾」は後者を担当する場合が多いです。
「塾」での英語というのは、基本的に受験を目指したものですので、話すことよりも「聞く」「読む」「書く」ことに重点が置かれています。
ですので、英会話スクールに通う生徒は教室で話している時間が多いのに対して、「塾」はほぼ先生の話を聞くという座学のスタイルになります。
ですので、塾での受験英語はよくできたという方でも、実際に話すとなると苦手だったり、全然話せなかったりということもしばしばです。
ただ、受験英語を学んでおくと、英会話に進む土台となることは確かです。

塾で英語を習うためにできることとは
塾で子供のうちから英語を学ぶ
塾での英語に関する事について
塾で学ぶ英語とはどんなものか